財団の概要


加藤与五郎博士と財団の設立






加藤 与五郎 博士


加藤 博士 の真筆

    加藤博士は明治 5 年(1872 年)愛知県刈谷市(当時の碧海郡野田村)に誕生しました。尋常高等小学校卒業後は、中学校に進学しないで小学校教師として働きながら、独学で英語や数学を習得し、京都の同志社ハリス理化学校(同志社大学工学部の前身)に入学しました。卒業後は仙台市立東北学院の教師になりましたが、間もなく加藤博士の教授法の素晴らしさが評判になり、第二高等学校の数学の教師に推薦されました。しかし大学を出ていないことが判り不採用になって仕舞いました。この事に発奮された加藤博士は、明治 33 年(1900 年)京都大学理学部化学科に入学されました。大学卒業後直ちに渡米して MIT のA. A. ノイス教授の助手となり、W. D. クーリッジ(後のタングステンフィラメントの発明者)と寝食を共にしながら約 2 年間ノイス教授の薫陶を受けました。

帰国後は東京高等工業学校ならびに東京工業大学電気化学科教授として、わが国の電気化学工業の発展と創造発明の普及に大変な情熱を傾けるとともに、自らも沢山の創造発明をされて、独創的研究開発の模範を示されました。その代表的なものがフェライトの発明です。加藤博士は昭和 5 年(1930 年)に愛弟子の武井 武助教授と共に酸化物が実用的な磁性材料になり得ることを世界で初めて発見しました。すなわち、OP 磁石(Fe3O4 と CoFe2O4 の固溶体)を三菱電機(株)大船製作所で、オキサイド・コア(CuFe2O4 と ZnFe2O4 の固溶体)を東京電気化学工業(株)(現在の TDK (株))で工業化しました。その他グアニジン(有機肥料)、酢酸繊維素など 250 余の特許を取得されました。

わが国の国際情勢が緊迫して、アルミニュームの原料であるボーキサイトの海外からの輸入が覚束なくなった昭和 14、15 年頃に、加藤博士は当時の東京商工会議所会頭の藤山愛一郎氏(後に岸内閣の外務大臣就任など政界でも活躍)から沖縄の北大東島産のリン酸礬土頁岩よりアルミニュームを精錬する方法を依頼されました。加藤博士は硫酸法による製造法を発明し、藤山氏が八戸に日東化学工業(株)を設立して工業化することに貢献されました。藤山氏はその特許料として 30 万円を加藤博士に支払われましたが、加藤博士はそれを文部省に寄贈されたので、文部省はそれを基金として東京工業大学に資源化学研究所を創設しました。藤山氏は公式の特許料の他に謝礼として 15 万円を加藤博士に贈呈しましたので、加藤博士はその中の 3 万円を基本財産として昭和 17 年(1942 年)に当財団を創立し、科学に関する学術研究の奨励と科学教育の振興に努めることに致しました。今年は当財団創立以来 60 余年になりましたが、この間に加藤博士ご自身ならびにその他のご寄付により基本財産が増加し、現在は 22 億円余になっております。

加藤博士は、昭和 26 年(1951 年)に 79 歳で東京工業大学における総ての職を辞された後も、創造研究開発の大切さを、誠心誠意伝えたいという熱意は少しも衰えることなく、昭和 35 年(1960 年)に私財を投じて軽井沢に創造科学教育研究所を設立し、自ら若い研究者の指導ならびに教育に携わりました。この教育研究所は、その後当財団軽井沢研修所と改称され、2400 坪の敷地に鉄筋コンクリート 2 階建て約 350 坪の建物に発展し、毎年大学の先生と学生、会社の研究者達に開放し、利用されております。

加藤博士は、「創造発明は心が清くなければ完成出来ない」、「創造発明は高価な設備から生まれるものでなく、直感から生まれるものである。その直感はハードトレーニングによってのみ生まれる」、「精神を統一し真剣に取り組めば、何事でも可能になる」、「若し研究に行き詰まったら神に祈れ、天は自ら助けるものを助ける」と常に申しておりました。そして昭和 42 年(1967 年) 8 月、脳軟化症のため熱海の自宅で永眠されました。享年 95 歳でした。


このページのトップへ


役員





役 職氏 名役職 又は 履歴常勤・
非常勤
理事長齋藤 俊次郎元 TDK ㈱ 専務取締役非常勤
常務理事岸  富也慶応義塾大学 名誉教授
理  事大谷 隆彦同志社大学 名誉教授
岡本  明公益財団法人加藤科学振興会 事務局長常勤
加藤 國美外科医非常勤
谷口  功熊本大学 前学長・名誉教授
平塚 信之埼玉大学 名誉教授
渕上 壽雄東京工業大学 名誉教授
野村 武史元 TDK ㈱ 執行役員
山﨑 舜平㈱半導体エネルギー研究所 代表取締役社長
監  事今野 光明元 TDK ㈱ 取締役執行役員
山元  洋明治大学 名誉教授



役 職氏 名役職 又は 履歴常勤・
非常勤
評議員飯村  勉元 日立金属㈱ 磁性材料研究所 技師長非常勤
岩舘 泰彦千葉大学 大学院 工学研究科 教授
卜部  卓元 東京大学 地震研究所 准教授
澤部  肇TDK ㈱ 相談役
田坂 明政同志社大学 工学部 名誉教授
土屋 隆生同志社大学 理工学部 教授
中川 茂樹東京工業大学 工学院 電気電子系 教授
望月  晃元 三菱マテリアルシーエムアイ㈱ 社長
山本  孝防衛大学校 名誉教授
渡邊 英雄元(独)産業技術総合研究所 産業技術指導員


このページのトップへ


定款



    以下のボタンをクリックすると、定款が別ウィンドウで開きます。



このページのトップへ


財務のあらまし



■ 平成 29 年度事業計画・予算

■ 平成 28 年度事業計画・予算

■ 平成 27 年度事業報告・決算報告

■ 平成 26 年度事業報告・決算報告

■ 平成 25 年度事業報告・決算報告

■ 平成 24 年度事業報告・決算報告

■ 平成 23 年度事業報告・決算報告



このページのトップへ


事務局




事務局長:岡本 明



住所〒100-0004 東京都千代田区大手町 2-2-1
新大手町ビル新館 2F 260 区
TDK (株)大手町分室内
(公財)加藤科学振興会事務局
TEL.03-3272-2657
FAX.03-3272-2658
E メールinfo@katof.or.jp
アクセス地下鉄: 大手町駅 B3 出口より徒歩 0 分
JR東京駅: 丸の内北口から徒歩 3 分
地図


このページのトップへ




Copyright © 2013 Kato foundation for Promotion of Science All Rights Reserved.