加藤与五郎


加藤先生について



加藤先生の元で、長年先生のご指導を仰いだ武井武先生が 1982 年に
加藤先生のことを書かれた文章をそのままお読みいただきます。

加藤先生は武井先生の東京高等工業高校(蔵前)時代の恩師であり、
東京工業大学昇格時に、加藤先生が科長をされた電気化学科に
助教授として招聘されて以来長い間ご指導を受けています。

先生の生涯

 先生は明治 5 年に愛知県の田舎,伊佐美村野田西屋敷の農家に生れた。郷里の高等小学校を卒業した後,中学校の教師を目指して独学で勉強していたが,向学心に燃え,ついに意を決して京都に上り,現在の同志社大学の前身であるハリス理化学校に入学した。卒業後仙台の東北学院の教師をしていたが,大学を卒業する必要を痛感し,京都に上り,京都大学理学部化学科の聴講生となり,ついに明治 33 年に選科生として入学された。在学中,高等学校卒業資格試験のために並々ならぬ苦労をしたが,見事に合格,明治 36 年に卒業して理学士となった。卒業後直ちに,米国 MIT のA. A. Noyes 教授に招かれ,教授の許で W.D. Coolidge 博士を学友として研究に従事した。ここで独創的な研究の在り方を会得されたと言われている。  明治 38 年に帰国し,東京高等工業学校の応用化学科に奉職し,大正元年には選ばれて電気化学科の科長になった。これよりさき,明治 44 年にはコロイド化学の研究によって理学博士の学位を受け,また大正 6 年には中村化学研究所を創立して電気化学工業の開発に努力された。
 この学校が東京工業大学に昇格後も引き続いて電気化学科の主任教授として研究と教育に尽瘁され,多くの共同研究者を指導して,すばらしい創造的な研究成果を挙げた。昭和 17 年に定年で本官を退いたが,その後は先生の寄付で設立された資源化学研究所において,研究の指導をしておられた。
 昭和 26 年にはここをも退き,加藤科学振興会の仕事に専念され,軽井沢に研修所を設けて,若い学徒を対象に,創造教育の育成と独創的な研究の普及に力を注いた。若い頃から非常に健康に注意され,90 才頃でさえも,午前は読書,午後は野外仕事の日課を送り,95 才の長寿を保たれた。奥様のトラ様とは東北学院時代に結婚されたのであるが,奥様も健康に注意され, 100 才の長寿を保たれた。

業   績

 先生は明治の後期から昭和の 30 年頃まで,多くの共同研究者と一緒に,寝食も忘れるほど熱心に研究に従事された方であるので,研究業績は数えきれないほど沢山ある。そのうちで,先生らしい特徴の多い研究業績のいくつかを申し上げる。  先生はNoyes教授のもとで高温度における水溶液の電気伝導について研究をしていたが,帰国後もこの方面の研究を続け,各種の無機質および有機質コロイド溶液についてその電導性を究明し,これを学位論文としておられる。大正 3 年に第 1 次世界大戦が勃発し,電気化学工業製品の輸入が困難になると,先生は卒先してこの製品の開発に精力を傾けた。フェロシリコンの開発研究はその一つである。学校の小規模な実験に見透しを得たので,先生は資本金 3 万円の東京電気化学工業株式会社(社長西村直氏)を昭和 4 年に創立し,川越町(現在の川越市)に工場を設置し生産開始した。最初は製品が得られないので非常に苦労したが,ついに突飛な,冒険的な試みによって製造に成功した。この会社は大正 6 年 1 月から本格的に新製品を市場に出し好成績を挙げ,同年東北電化株式会社に発展し,福島県下に工場を持ち,フェロアロイの生産に大きく貢献した。先生の努力が実ったのである。大戦後のパニックによって,この会社は大正 11 年に解散となったが,先生が先鞭をつけた製造の技術は佐野隆一氏に依って,鉄興社として引き継がれている。
 大正 6 年には船成金中村精七郎氏の出資により中村化学研究所を創立し,自ら所長となって電気化学工業の開発に活動されたが,これも先生の研究意欲を象徴するものである。当時は空中窒素固定が問題になっており,フランカロー式の間歇法が実施されていたが,先生は独自の方法を学校で研究していたので,これをこの研究所で工業化試験するつもりでいた。電弧法による硝酸製造法についても学校で実験していたので,これをもこの研究所で試験するつもりで,反応塔や練瓦などを取り揃えていた。鹹水の電気分解などにも着手された。ところが一年足らずのうちに出資者が倒産してしまったので,これらの研究は座折した。先生は非常に落胆したが念願の研究を断ちきり難く,百方力を尽し,ついに揖斐川電気工業株式会社に電弧法による硝酸製造の研究を行なわせるようにした。早速試験所である東京電気黒鉛株式会社に設備器材を搬入し,佐野隆一氏を主任にして研究を進めた。研究は予定通りに進み,試験設備は大垣工場に移され,本格的の生産に進むことになった.ところが,この頃より世情が変り,アンモニヤ合成法が普及して,硝酸が安価に生産されるようになった。このため,苦労を重ねた先生の電弧硝酸法はついに実施されなかった。まことに残念なことであった。それにしても,50 才にも満たぬ高等工業学校の一先生が,多くの業界人を動かして,これだけの研究を仕上げたことは驚異的で,先生の熱烈な研究意欲の賜物である。
東京工業大学創立の際には研究業績の多い学者を数多く教授として迎えたから,学校は挙げて研究に熱中していた。研究発表会は熱気を帯びていた。加藤研究室はその最たるもので,先生は得意な熱弁をふるって研究成果を発表した。研究室には秀れた若者が先生に叱られながら,応用研究に突進していた。仕上げられた成果は実にすばらしく,特許も夥しい数にのぼっている。そのうちのいくつかを紹介する。
 昭和の初期にはアルミニウムの国産化が主要な課題であった。国産資源が乏しいので多くの研究者が,礬土頁岩などを対象にバイヤー法でアルミナを製造する研究を行なっていた。先生は,新しい発想で,硫酸法によるアルミナ製造法を研究していたが,この方法を知った大日本製糖株式会社の藤山愛一郎社長から,北大東島にあるリン酸礬土鉱を硫酸法で処理してはどうかという話を受けた。リン資源の開発にも心を燃していた先生は,この方法こそリン酸肥料と窒素肥料とアルミナを製造する一石三鳥の方法であると信じ、舟木好右ヱ門助手(現名誉教授)を主任として、この開発に意欲的に進んだ。
 実験室の試験で確信を得たので,工業化試験をすることになったが,濃硫酸とリン酸を取り扱かうので,思わぬ事故続出に手をやき,舟木氏らは悪戦苦闘した。でもついに,試験に成功して昭和 12 年日東化学工業株式会社が設立され,これが化学工業界の注目の的となった。
 この会社でもさんざん苦労し,わずかのアルミナを生産したが,リン鉱石の品位低下などの原因も重なって,終戦とともに操業が中止された。このようなわけで,硫酸法は今行なわれていないが,先生の残した発想と多くの開発者が経験した苦労は今日の化学工業界への大きな貢献となっている。先生はこの発明の売却費として参拾万円を取得したが,これを学校に寄付された。学校は,この寄付で資源化学研究所を創立した。先生はここで,所長として,さらに応用研究に適進された。これこそ正に,応用研究の華であると思う。
 昭和初期にはマグネシウムの国産化も重要な課題であったが,無水塩化マグネシウムの製造に難点が多いので,多くの研究者がこれに手をやいていた。先生はこれに着目し,陽極室で,電解中に,マグネシヤを塩素化する新しい発想を打ち出した。そして高瀬理三郎氏(後の関東電化株式会社専務取締役)を主任として,執念深くこの塩素化研究を進めた。実験室で一応の見通しが得られた頃,旭電化株式会社がこの方法を工業化することになり,高瀬氏はこの成果を持参して入社した。会社では浦野三朗氏(後の関東電化株式会社社長)と高瀬氏がともに苦闘し,補正や手直しを加えて量産技術を仕上げた。その結果,新たに関東電化株式会社が設立され,高瀬氏らは戦時中,地獄のような苦しみの中で,マグネシウムを生産した。  終戦とともにこの方法も中絶された。しかし,先生の発明と,量産化のために行なわれた多くの人々の苦闘は,独創的研究のきびしさを物語ると同時に,国産化技術の確立にまことに貴重な教訓となっている。
 白金は酸素過電圧が特に大きいので重要な陽極材料であるが高価である。そこで先生は白金に代る電極の開発に着眼し,この課題を小泉勝永氏に任せた。氏は共同研究者らと,新しい発想を駆使して,ついに硝酸鉛水溶液の陽極酸化によって,堅牟な PbO, の厚膜を得ることに成功した。この成果は業界の注目をひいたが,実用電極として量産するには数々の難点を持っていたので,この研究はその後多くの研究者に引き継がれ,立派な電極として電解酸化用に供されるまでに発展した。  小泉氏はこの電極を用いて過塩素酸ソーダを製造し,これで屑絹を再生する研究を行なっていたが,これが鐘ヶ渕紡績株式会社津田信吾社長の認めるものとなった。会社は鐘ヶ渕に東京理化学研究所を新設して,小泉氏を所長として迎えた。氏はここで各種の先端的な新製品を仕上げた。津田社長は小泉氏を迎へ入れる代償として,拾万円を加藤研究室に寄付した。昭和 10 年のことである。加藤研究室の研究がいかに高く評価されていたかはこれでわかる。
 石灰窒素誘導体の開発は有機化学専攻の杉野喜一郎氏(現名誉教授)に任された。氏は共同研究者とともに,グアニィヂン系その他各種の新誘導体を合成し,それの用途を開発した。その成果は日本カーバイド株式会社に移され,魚津工場などで実施された。
 明治製糖株式会社の案内で台湾の製糖工場を見学された先生は,これからヒントを得て,バガスや糖密の利用,脱色用活性炭などの研究に着手した。バガスの研究は水口純氏(元教授)室谷寛氏(元教授)らの担当で進められ,加藤式が台湾で実施される段取りまで発展した。しかし,戦争激化のため,生産は中止された。
 加里資源の開発にも注目していた先生は早速相川秀雄氏に糖密から加里を回収する研究を任せた。その結果,加里を鰮溶性の複塩として回収する方法が出来上り,これを工業化する段階になったが,この仕事も戦争のために中止となってしまった。しかし,先生の加里回収に対する執念は強く,ついに海水有効利用にまでに発展した。そして,相川氏らは一貫した加藤式回収法を仕上げた。この成果で,昭和 14 年には関東洲加里工業株式会社が設立され,共同研究者らが出向して,加里,臭素,マグネシヤなどの回収に活動した。この仕事も終戦と同時に中止されたが,国内資源の開発に対する先生の真剣さと,平易な無機化学を縦横に,巧妙に駆使した発想は実に貴重なものである。
 亜鉛冶金の改善に留意していた先生がアメリカの雑誌記事から思いついたのが,フェライトの研究であった。この課題を私が頂いた。基礎的な実験を繰り返しているうちに発見されたのが,磁場中冷却効果と軟磁性効果である。化学畑の私たちにはこの現象の理論的な解明は困難であったので,私たちは応用に進み,フェライトの磁石と磁心を開発した。これらが,河合登氏(元三菱電機株式会社取締役),斎藤憲三氏(東京電気化学工業株式会杜初代社長), 山崎貞一氏(東京電気化学工業株式会社二代社長)などの協力によって,三菱電機株式会社と東京電気化学工業株式会社で工業化されることになって,フェライト磁性材料の端緒が拓かれた。思えば,先生が与えた研究題目は,正に先端的な天下一のものであった。先生は日夜研究開発の執念に燃え,外国雑誌の記事にまで目を向けておられたのである。
 アメリカで私が得たヒントを早速先生が採用して人造偏光板の研究が開始された。主として星野愷氏(現名誉教授)がこれに当った。この研究は日米独の三国競争となったので氏は非常に張り切って研究に当り,人造偏光板「ダイクローム」を仕上げた。三菱電機株式会社がこれの工業化に当った。この偏光板は新製品として注目され,一時は広く利用された。  先生は塩化アセチルと綿から酢酸繊維素を製造する発明をし,これの工業化に熱意を注いだ。藤野 茂氏(後の清水天然瓦斯研究所長)が永年この研究に当り,苦労を重ねた。鉄興社と三井物産株式会社が共同で,これの事業化にまで乗り出したが,実施される情勢とはならなかった。先生はこれを非常に惜しまれていた。
 クロム鉄鉱の化学的処理も先生の永年の念願であった。池野亮当氏がこれに当り,Cr2O3 を安価に生産する方法を開発した。水野滋氏(現名誉教授)は鋸屑を利用する活性炭を開発した。ほかにも沢山の開発業績がある。
 このような莫大な研究開発業績はもとより先生の研究開発に対する執念であるが,その特長は研究分野がきわめて広いことである。これは先生が常に産業界と密接に接し,世の求める問題に真剣に取り組んだからである。大学の教授で,このような莫大な開発業績を挙げた例はまことに稀であろう。

性   格

 先生の莫大な業績の基になっているのは独創である。先生は日本の独創的研究の先覚者である。大正から昭和の初期においては,海外依存で,誰も独創を叫ばなかった。産業界はもちろん,研究機関でさえも海外技術の紹介と導入に忙しかった。この時代に先生は敢然と,真似を排し,独創を叫んだ。そして自ら範を示した。私達は,真似をするときびしく叱られた。苦しくても真似をしてはいけない。これが先生のモットーであった。
 「難問に当面したら精神を集中して静かに考える。必ず良き発想が生れ前進する。」これは先生が体験から得た信念である。創意通天,天人合一は先生の座右の銘の例である。軽井沢の加藤科学振興会研修所には先生自筆の「創造即進歩」の碑がある。先生は最後のどたんばまで,あきらめずに考えられた。考えているうちにどんどんよい知恵を出された。私は,先生のような型を遅大型と呼んでいるが,科学者は遅大型でなくてはならないことを先生から教えられた。
 先生は大欲を自負しておられた。「大欲は無欲に似たり,小欲を棄てれば勇気百倍,勇敢に突進出来る」と言っておられた。若い頃から,官や産業界と勇敢にわたり合ったあの勇気は,ここから出ていると思われる。
 「応用研究は特許にあり。特許を他人に任せることはできない。」この言葉は特許がきわめて重要な武器であった体験から得られた先生の信念である。先生は 200 以上に及ぶ特許を得ているが,得る苦労は実に並々なものではなかった。敢えてこの苦労に甘んじたのは,先生の研究に対する真剣さであったと思われる。
 先生は奥様とともにクリスチャンであった。信仰心に厚く,軽井沢に隠居後はキリストを科学的に解析されたこともあり,心を正しくして精進すれば事成ると説いでおられた。晴耕雨読のなかにも研究を忘れず,晩年はまことにおだやかな,気高い科学者であった。「志望清高」は晩年の作である。


このページのトップへ


創研夏季研修について



1957 年から始まった創建夏期研修につき、加藤先生の補佐をし、先生が病床に就かれてからは主体的に運営をされてきた卜部泰正先生が、同志社大学工学会報第 32 号 ハリス理化学校開校 100 周年特集号(1990年)にお書きになった文章をそのままお読みいただきます。



「加藤與五郎先生と創研夏季研修」
工学部教授 卜部 泰正

故加藤與五郎先生と創研夏期研修については,奥田教授,山﨑氏および森川氏が詳しく述べておられるので,ここではなるべく重複を避けながら先生の略歴と夏期研修実施の経緯を紹介させて頂く。
 加藤先生は 1872 年(明治 5 年)愛知県に出生、1891 年同志社ハリス理化学校普通部に入学,翌年大学部第二種化学科に進み, 1895 年卒業,同校第 3 回卒業生である。(大学部第 1 回卒業生は鈴木達治氏ら 3 名,第 2 回 2 名,第 3 回 2 名で,三宅驥一氏ら 3 名が同校最後の第 4 回卒業生となった。)その後,熊本の英学校教師を経て仙台の東北学院教師をつとめたが, 1900 年京都帝国大学に専科生として入学, 1903 年同大学理工科大学純正化学科を卒業,直ちに渡米して M.I.T. の A.A.Noyes 教授の助手として 2 年間の研究生活を送った。1905 年東京高等工業学校(1929 年に昇格して東京工業学)に招かれて帰国し, 1906 年同校教授。1911 年理学博士。1912 年応用化学科から電気化学科が独立し同科長に就任した(当時の応用化学科長は鈴木達治氏であった)。1933 年電気化学協会初代会長に推され, 1934 年に東工大建築材料研究所初代所長,ついで 1939 年からは東工大資源化学研究所初代所長をつとめた。
 1942 年定年制施行により東工大を退官の後も,1951 年まで事務取扱の形で資源化学研究所長の職にあった。1942 年には先生の私財を基金として(財)加藤科学振興会が設立された。東京高工から東工大までを通して,教育・研究および日本の工業会の育成指導に挙げた功績は極めて多大であり,それらに対し発明協会などの表彰のか, 1952 年藍綬褒章, 1964 年勲二等旭日重光章を受けた。また, 1957 年には文化功労賞に選ばれた。同志社大学は 1964 年に名誉文化博士の称号を贈っている。1967 年に 95 歳で逝去された。
 1942 年,先生はその主張を「科学制覇への道」と題する著書で世に問われた。東工大で先生の薫陶を受けた方々の尽力で, 1973 年に「創造の原点」と改題して出版され,版を重ねたのち一時絶版となっていたが,このたび材料科学技術振興財団と加藤科学振興会の手により再版発行された。また, 1950 年 10 月に挙行されたハリス理化学校 60 周年記念式に招かれたときの,「ハリス理化学校の思い出」と題した講演にも先生の主張が盛り込まれている(同志社工学会誌 1 巻 2 号所載)。
 加藤先生は元同志社理事長故秦孝治郎氏と旧知で,また鈴木達治氏,三宅驥一博士らと共に同志社理工科教育再興委員会のメンバーとして, 1944 年開校の同志社工業専門学校設立に力を尽くされた間柄であった。1956 年夏軽井沢での再会という偶然の機会に吐露された,加藤先生の創造教育に対する年来の素志に感銘した秦理事長が,星名秦工学部長の積極的な賛同を得て学長等を説得した結果,加藤先生の指導による軽井沢での夏期研修が 1957 年に始められた。先生は米国から帰国ののち 50 年以上にわたって創造教育の重要性とその本質を説き,自ら実践してこられたが広く一般の認識と理解を得るに至らなかった。しかし,同志社大学有志の協力により,改めてその素志実現に向けての一歩を踏み出し,晩年の 10 年間に全力を傾注されることとなった。
 先生のご希望で化学と電気の学生 6 名および助言のための教員 2 名が参加して,夏期休暇中の約一月間ご指導頂くことになり, 1957 年 7 月初旬,共に専任講師であった中西進氏と筆者は星名先生の命を受け,具体的な打ち合わせと準備のため,軽井沢に加藤先生を訪ねたところ,当時 85 歳の先生は大変お元気で先ず年来の所信を熱心に説かれた。また,秦理事長の依頼を受けた安中の校友半田隆一氏の案内で,研修と宿泊に使用するシーモアハウスを視察されたが,教員に落ち着いて滞在して貰うには不十分であるとして,別に貸別荘の 2 室を手配された。工業化学科から 4 年次生 3 名,電気学科から 4 年次生 2 名, 3 年次生 1 名の学生が推薦されて参加し, 1957 年 7 月 20 日から 8 月 20 日まで第 1 回の研修が実施された。その後, 1959 年まではシーモアハウスを使用した。
 この研修のために,加藤先生がご自宅に近い軽井沢町上の原に私費を投じて新築された創造科学教育研究所(創研)が完成した 1960 年以降は,同所で毎年夏期の研修が続けられることとなった。それまで学内では軽井沢ゼミと称していたが,この頃から創研夏期研修と呼ぶようになった。
 加藤先生は,その教育指導法が同志社大学に取り入れられ,すぐれた創造力をもつ人物の育成によって,創造教育の範として実証することを強く期待しておられた。そのためには私財のすべてを惜しまないとして,毎年の研修に要する経費の全額を同志社へ寄付して負担し,素質ありと見込まれた学生には加藤科学振興会の奨励金を支給された(財団の基金はすべて先生が私財を提供されたものであった)。研修の回を重ねるごとに参加した教員の間に理解が深まったが,工学部の正式のカリキュラムに組み入れることは種々の事情から困難な状況にあった。1964 年理工研所長に再任された星名教授は,同志社大学として積極的に取り組む必要があるとの考えから,夏期研修運営のために松山秀雄教授を長とする委員会を理工研に設け,また創造工学の市川亀久弥氏を専任研究員(教授)として招くことを理工研協議会に提案して決定した。同時に,1965 年からは経費の過半(1967 年以降全額)を理工研予算から支出することとした。また,この頃から機械系の学生も参加するようになった。
 1967 年春には「創造科学教育 10 年の歩み」が出版された。62 ページの小冊子であるが,開所式における挨拶や研修中の講話などによって加藤先生の唱導されたところが良く理解できよう。その出版について秦理事長から理工研に打診があったが,結局は秦理事長を発行責任者とする法人同志社の発行となった。しかし,その体裁は理化研報告特別号と同様である。
 加藤先生は 1967 年 5 月から病床に就かれ,先生を欠いたまま研修を続けていた 8 月 13 日に逝去された。先生の強い信念と指導力によって次第に効果を挙げようとしていたときに受けた痛手は大きく,その後をどのようにするかが問題となった。秦理事長は松山教授をはじめ関係教員のほか参加学生も招集して,10 年間の歴史と経験を生かして継続発展させてほしいという意向を示し,意見を求められた。加藤先生不在の研修の意義についての懸念もあったが,先生の遺志を継いで軽井沢での研修を継続すべきであり,大学の方針と体制を確立する必要があるとの意見が強く出された。その後, 1967 年 12 月の理工研協議会において,工学部の了解のもとに理工研が創研夏期研修を継承し運営することが決定された。
 このようにして,主催者加藤先生に工学部有志が協力する形で始められた創研夏期研修は, 1965 ~ 67 年の過渡期を経て 1968 年から理工研の事業となり,毎夏実施して今日に至っている。
 加藤先生没後,遺産の多くとともに創造科学教育研究所は加藤科学振興会に寄付されて同財団のゼミナーセンターとなり(さらに 1986 年秋には軽井沢町大日向に研修所として新築移転),他大学等の利用にも供されるため,研修期間は2~3週間に短縮された。また,研究奨励金の支給対象範囲も本学以外にまで拡大されたが、本学では引き続いて毎年数名がこれを受けている。本研修開始の当初から今日に至るまで,加藤科学振興会,特に専務理事山﨑貞一氏(現 TDK 相談役)から頂いて来た,一方ならぬご配慮を忘れることはできない。また,在学中加藤先生の指導を受けた校友山﨑舜平氏から,研修に参加する学生に対する研究奨励金が毎年理工研に寄せられ,各年度 3 名の大学院前期課程学生がこれを受けてきた。さらに,同氏からハリス理化学校開設 100 年,創造科学教育研究所設立 30 年に当たって多額の寄付があり,本年 4 月に理工学研究所加藤・山崎記念基金が設定され,その果実により将来にわたって本事業の拡充が図られることとなった。
 夏期研修の実施に当たって約 10 年にわたる間全体の世話をされ,また秦理事長とともに加藤科学振興会の評議員をつとめた松山教授が 1969 年に逝去され,その後を筆者が引き継いで 20 年余になる。振り返ってみると悩み迷うことも少なくなかったが,その度にご逝去の一月程前お見舞いに伺ったとき,病床に臥したまま筆者の手をとって力強く励まされた加藤先生を思い浮かべて,ようやく今日まで来ることができた。最近は, 1957 年の第 1 回研修に 3 年次生で参加してから 10 年間にわたって加藤先生のご指導を受けた大谷隆彦教授に,研修の全期間における指導の中心的役割を果たして頂いている。また,この間多くの工学部教員からの理解ある協力と,卒業生からの激励と支援を頂くことができた。この機会に深い感謝の意を表わすとともに,加藤先生の遺志を継承してその成果を挙げることができるよう,今後一層のご鞭撻をお願いしたい。(工学部 電気工学科教授:当時)




このページのトップへ


年譜



1872 年(明治 5)

碧海郡野田村に生まれる
1880 年(明治 13)腸チフスに罹る(8 歳);母こう逝去(享年 34 歳)
1887 年(明治 20)鶴が崎小学校授業生心得となる(15 才で代用教員)
1888 年(明治 21)鶴が崎小学校に高等小学校分校が付置され、入学
1890 年(明治 23)野田小学校の授業生となる(代用教員)
1893 年(明治 26)同志社ハリス理化学校大学部第二種に入学
1895 年(明治 28)ハリス理化学校卒業
1896 年(明治 29)仙台市立東北学院の教師となる
1899 年(明治 31)京都帝国大学理学部化学科に聴講生として籍を置く
1900 年(明治 33)京都帝国大学理学部化学科に選科生として入学
9 月、菊池トラ(21 歳)と結婚;京都に新居
1901 年(明治 34)マサチューセッツ工業大学(MIT)のノイス教授と出会う
1903 年(明治 36)京都帝国大学より理学士を得る;
渡米し,MIT(ボストン)でノイス教授の助手となる
1905 年(明治 38)10 月、2 年間の留学を終えて帰国
1906 年(明治 39)2 月、父惣吉逝去(享年 62 歳)
東京高等工業学校教授に任命される
1911 年(明治 44)コロイド化学研究にて理学博士の学位を受ける
1912 年(大正 元)東京高等工業学校電気化学科科長となる
1917 年(大正 6)中村化学研究所創立、所長を兼務
1923 年(大正 12)9/1 関東大震災;蔵前校舎被害甚大
1924 年(大正 13)東京高等工業学校が荏原郡へ移転
1929 年(昭和 4)東京高等工業学校が東京工業大学へ昇格;同学教授となる
東北大学金属材料研究所より武井武を助教授として招聘
武井武助教授に亜鉛湿式冶金における歩留り改善の研究テーマを与える
1930 年(昭和 5)各種フェライトの発明
1931 年(昭和 6)高等官一等に除せられる
1933 年(昭和 8)電気化学協会設立、初代会長になる
1934 年(昭和 9)東京工大に建築材料研究所が付置され、初代所長となる
1935 年(昭和 10)勲二等瑞宝章を受章
斉藤憲三、東京電気化学工業(株)を創立;
2年後からソフトフェライトの工業的生産始まる
1936 年(昭和 11)ノイス教授、肺炎で逝去(享年 71 歳);東京で追悼式
1938 年(昭和 13)帝国発明協会から酸化金属磁石の発明に進歩賞が与えられる
1939 年(昭和 14)東京工大に加藤の寄付による資源化学研究所が付置され、初代所長となる
1942 年(昭和 17)財団法人加藤科学振興会を主宰する
東工大教授を停年退官(70 歳)、同大学名誉教授となる
1944 年(昭和 19)同志社工業専門学校教授となる
1945 年(昭和 20)敗戦;当時加藤(73 歳)は、軽井沢で自給生活をしていた
1952 年(昭和 27)藍綬褒章を受章
1956 年(昭和 31)2 月、斉藤憲三らの努力により科学技術庁設置の閣議決定
1957 年(昭和 32)文化功労者の顕彰を受ける(85 歳)
7 月、創造科学教育第一回研修を同志社大学工学部学生に対し、軽井沢にて行う
1960 年(昭和 35)創造科学教育研究所を軽井沢に設立
1963 年(昭和 38)電気化学協会名誉会員に推される
1964 年(昭和 39)勲二等旭日重光章を受ける
日本大学顧問教授となる。同志社大学名誉文化博士の称号を授かる
1967 年(昭和 42)脳軟化症により逝去(享年 95 歳)


このページのトップへ


創造の原点




加藤与五郎先生の著書「創造の原点」を下記のリンクをクリックすることで対応するページを開いてお読みいただけます。




このページのトップへ


創造・科学・教育

~フェライトの父
加藤 与五郎




同志社大学軽井沢研修 創造科学教育研究所における加藤先生講話記録集(1958 ~ 1966)

(下記リストの項目をクリックすると記録集の対応するページが開きます。)




このページのトップへ


写真アルバム



このページのトップへ



Copyright © 2013 Kato foundation for Promotion of Science All Rights Reserved.